【伊平屋】「星の声援、月の伴走」をテーマに、第21回伊平屋ムーンライトマラソン(主催・同実行委員会)が24日、伊平屋村我喜屋の「友愛と健康の広場」を発着点に同村内で開かれた。(17面参照)

月明かりを浴びて元気いっぱいのランナー=24日午後7時11分、伊平屋村・野甫大橋

 県内外から773人のランナーが参加し、島の自然を楽しみながら快走した。日が沈むと雲間から月が顔をのぞかせ、ランナーの背中を押した。沿道では村民らが温かい声援を送った。

 開会式で、大会長の伊礼幸雄村長が「ゴールするころには、月が見られると思う。完走まで頑張って」と激励。選手を代表して、末松隆二さん(45)と金城文子さん(60)が「星空と月明かりを楽しんで、最後まで走る」と選手宣誓した。