【糸満】糸満市阿波根の畑で26日午前10時30分から、米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が行われる。不発弾は9月22日、農作業中に見つかった。

 10月26日午前9時30分から、住民を避難誘導し、現場周辺を交通規制する。避難半径は156メートル、193世帯と6事業所の662人が対象。避難所は、豊見城市翁長の翁長共同利用施設と糸満市阿波根の雇用促進住宅集会所の2カ所。

 現地対策本部は、阿波根西原集会所に設置する。午前中に処理を終える見込み。