「初めてとは思えないほど、普段通りにできていた」。仲里真澄監督が語るように、九州初出場の八重山が躍動した。鹿児島城西との初戦を5-1で突破し、来春の選抜大会出場が有力になる4強入りにあと1勝とした。

八重山-鹿児島城西 5安打1失点で完投した八重山エースの仲山琉斗=鹿児島県立鴨池球場(勝浦大輔撮影)

八重山-鹿児島城西 2回表八重山2死二塁、仲山琉斗の中前打で二走・黒島投真が生還(南日本新聞社提供)

好プレーに熱い声援を送る八重山の応援スタンド

八重山-鹿児島城西 5安打1失点で完投した八重山エースの仲山琉斗=鹿児島県立鴨池球場(勝浦大輔撮影) 八重山-鹿児島城西 2回表八重山2死二塁、仲山琉斗の中前打で二走・黒島投真が生還(南日本新聞社提供)
好プレーに熱い声援を送る八重山の応援スタンド

 エース仲山琉斗が5安打1失点完投、打っても2安打2打点と投打でフル回転した。

 チームに硬さが目立った一回裏、先頭に左前打を浴び、捕逸、失策が重なって1点を献上した。しかし、「ぐっと我慢。冷静にいこう」と崩れず、最少失点で乗り切ると、二回表にチャンスが巡ってきた。

 4番黒島投真の左前打などで2死二塁とし、7番仲山が外角低めのスライダーを中前へ運び同点。さらに押し出し四球で2-1と逆転した。

 自らのバットで返すとピッチングも乗った。二回以降は持ち前の打たせて取る投球がさえた。三塁に走者を進めても「走者がいた方が打者に集中できる」とギアを上げ、本塁を踏ませなかった。継投も考えていたという仲里監督も「覚醒している。本当の背番号1に近づいている」と予想以上の出来に目を細めた。

 あと1勝で初の甲子園がぐっと近づく。エースは「次もいつも通りの野球をして、絶対に勝つ」とさらなる快進撃を誓った。(勝浦大輔)

■4番の黒島4安打

 県秋季大会で打率5割を超えた4番の黒島投真が、初の九州でも5打数4安打と大暴れした。

 8月の県新人中央大会を制した後、直後にあった岡山遠征で大敗した。バットを長く持って長打を狙った姿勢を反省。単打でつなぐチーム打撃を意識するようになった。

 この日、初打席から4打席連続で放った安打は、全て単打だった。相手の速球派エース対策として、普段より指3本分短くバットを持ったのが奏功。予想より多かったという変化球にもしっかりと対応した。

 先頭打者が3度で、打点を挙げることはできなかったが、主軸の存在感を存分に示した。地元・鹿児島城西の大応援の中でも「ノリノリでできた」と強心臓で楽しんだ。

 チーム一の強打者は「小さいミスをなくして、完璧に近い状態で準々決勝を戦いたい」とあと1勝に燃えている。

■父母会や郷友会声援「歴史つくって」

 九州初出場の八重山の初戦には父母会、福岡県の沖縄県人会、九州の八重山郷友会「我が島の会(ばがすまのかい)」など約60人が駆けつけ、ナインに熱い声援を送った。

 父母会長でエース仲山琉斗の父・久紀さん(48)は初戦突破に「どんどん歴史を塗り替えている」と興奮冷めやらぬ様子。「ここまで来たら甲子園出場を決めてほしい」と期待を込めた。

 我が島の会の中村鐵夫会長(77)は「好プレーがいっぱい見られた」とうれしそう。2006年に八重山商工が甲子園に出場した時は応援に行ったという。「甲子園が決まったら、またみんなで行こうと話した。頑張って」とエールを送った。