興南は、夏の甲子園8強入りの原動力になった先発の比屋根雅也が四回途中7失点と崩れ、七回コールド負けを喫した。3-2の四回裏、1死満塁で海星4番に中前打、5番に走者一掃の三塁打を浴び、この回4点を失ったところでマウンドを下りた。「こんなに大差で負けたのは記憶にない。今までで一番悪かった」と肩を落とした。

興南-海星 4回裏海星1死満塁、3点三塁打を浴び降板する興南の比屋根雅也(左)。右は2番手の諸見川航

 序盤から本来の球威、球の切れが影を潜めた。四死球5と制球が定まらず、走者をためては甘く入った球を痛打された。「コースを突き、甘い球でも力で押すいつもの投球ができなかった」と悔やんだ。

 四回表に6番宮里大湖の中前2点適時打で逆転した直後に打ち込まれ、「悪い流れになってしまった」と声を振り絞った。

 エラーこそ記録されなかったが、野手陣の落球や送球ミスも絡んだ大量失点だった。我喜屋優監督は「あれだけミスが重なってはどうしようもない」と嘆き「来年に向けて180度チームをつくり変えないといけない」と話した。

 夏春連続の甲子園は絶望的となった。初戦で姿を消したエースは「駄目な時でも抑えられる投球を身につけたい」。夏で再び大舞台に立つべく、再起を誓った。(勝浦大輔)