新基地建設が予定されている名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では25日、建設に反対する市民らが抗議の意志を示した。 

シュプレヒコールで新基地建設反対を訴える市民ら=25日、名護市の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 市民らは、早朝から「辺野古埋立阻止」などと書いたボードを掲げ、通行する車にアピール。午前8時ごろには、ゲート前を練り歩き「新基地建設反対」などとシュプレヒコールを上げたり、「沖縄を返せ」を歌うなどして抗議した。

 午前10時ごろには「日本の伝統食を考える会」のメンバーらが訪れた。午前11時ごろには稲嶺進名護市長も訪れ「権力に立ち向かえるのは住民運動。正義はわれわれにある」とあいさつした。