沖縄県うるま市石川1丁目の石川川で見つかった米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理作業が30日午前10時半から開始される。避難半径は166メートルで、避難対象は115世帯297人、16事業所。午前9時半から避難を呼び掛け、10時ごろから周辺の交通を規制する。

 避難場所は宮前区自治会で、処理現場から西側170メートル地点の道路に現地対策本部を設置する。問い合わせはうるま市防災基地渉外課、電話098(979)6760。