「(協調できる)態勢ができていれば党本部も名護、沖縄の振興はしっかり責任持ってやりますから」 26日、名護市長選の応援で2度目の名護入りとなった自民党の二階俊博幹事長が渡具知武豊氏の選挙事務所を訪れ、当選の暁には地域振興に全面協力する旨を明言した。