【東京】立憲民主党の「辺野古新基地移設方針に関する再検証委員会」の初会合が26日、国会内であり、新基地建設の妥当性や工事の進め方などについて検証していくことを確認した。 「沖縄の理解を得られる道をゼロベースで見直す」と掲げた党基本政策の一環で、顧問に海江田万里最高顧問、座長に福山哲郎幹事長が就いた。