沖縄県糸満市の大度浜で26日午前6時50分ごろ、サーフィンをしていた40代男性から「3メートルくらいのサメにかまれた」と119番があった。糸満消防などによると、男性は右足首をかまれたが生命には別条ないという。自力で海から上がり、車で沖縄本島南部の病院に向かったという。

注意を呼び掛けながら海岸付近を巡回する消防署員=26日午前11時ごろ、糸満市・大度浜

(資料写真)2009年に石垣島で捕獲されたイタチザメ。口の中からもう1匹の小型のサメが出てきた

注意を呼び掛けながら海岸付近を巡回する消防署員=26日午前11時ごろ、糸満市・大度浜 (資料写真)2009年に石垣島で捕獲されたイタチザメ。口の中からもう1匹の小型のサメが出てきた

 現場は海岸から約500メートルのリーフ沖。サーフィンをする人たちの人気スポットの一つで、男性によると、サメの大きさは3メートル程度だったという。

 県警や消防が遊泳者に注意を呼び掛けている。県内では、2000年9月に宮古島でサメによる咬傷(こうしょう)死事故が発生している。