「市街地の(観光施設)ネオパークオキナワにパンダを誘致する。大きな観光資源として整備したい」。8日、名護市長選で3選を狙う現職の稲嶺進氏は、名護市内での政策発表の最終盤で「パンダ誘致」をアピールした。 県内の経済関係者らを呼び掛け人に、中国から沖縄へのパンダ誘致を目指す計画がある。