【宜野座】村松田区壮年会は11月3日、「100年の時を超え、今、よみがえる」をテーマに、同区の幻の組踊「賢母三遷之巻」(けんぼさんせんのまき)を同区公民館で上演する。「賢母-」は1818年に書かれた5種7本の組踊台本の一つで、同区で1983年に発見された。