中学校教員の1.7人に1人、小学校教員の3人に1人が「過労死ライン」(月80時間の残業)を超える長時間労働を強いられている−。文部科学省の調査で、日本の公立校教員の異常な勤務実態が明らかになった。その温床とされるのがクラブ活動・部活動指導。