旧優生保護法の下で、知的障がいを理由に不妊手術を強いられたとして、宮城県内の60代女性が30日、国に損害賠償を求める訴訟を起こす。 日弁連によると、不妊手術は全国で約2万5千件確認されている。被害者が国を訴えるのは初めてである。