国内外の30代の作家6組による展覧会「思考する技術」が、京都市中京区の京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで開催中だ。テーマは「生産と技術」。同展を企画した美術家の宮崎啓太さんと李豪哲さんは「アートを通して、私たちの生活を支える技術について再考できたら」などと狙いを語る。