【山城博明通信員】第3移住地婦人会主催の第47回ママさんバレーボール大会がこのほど、サンタクルスのオキナワ第3移住地の体育館で行われた。

ハッスルプレーを見せる選手たち=オキナワ第3移住地

 開会式で同婦人会の中村和美会長は「バレーボールを通して交流を深め、けがのないように楽しい一日を過ごしてください」と激励した。

 オキナワ第1、第2、第3移住地、サンフアン日本人移住地、サンタクルス市の5チームが参加。和気あいあいと楽しいムードで試合は進み、好プレーが出ると体育館は歓声に包まれた。

 30年以上も続く恒例の大会で、当初は年1回だったのが途中から2回に増えた。最初に始めたメンバーは50〜60代で孫もいるが、元気に好プレーを見せて大会を盛り上げた。試合はオキナワ第1移住地チームが優勝した。