【東京】中谷元・防衛相は27日午前の閣議後会見で、石井啓一国土交通相が翁長雄志沖縄県知事による辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消し処分の効力を停止したことに関連し、「国交相から執行停止の文書が届き次第工事に着手したい」と述べ、執行停止の効力発生後、速やかに海上作業を再開し、本体工事にも早期に着手する考えを明らかにした。

中谷元・防衛相

 中谷氏は、翁長氏の取り消しは「公有水面埋立法に違反するもので、公益を害する」と批判。閣議で確認した地方自治法に基づく代執行手続きにより「最終的に司法判断を仰ぐことができる」と述べ、裁判で妥当性を争う構えをみせた。