在沖米軍基地問題を巡るやじの責任をとって前内閣府副大臣が辞任したことについて、安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で陳謝した。「国会議員としての活動における発言だが内閣の一員であり、沖縄の皆さん、国民の皆さんに深くおわびを申し上げたい」と述べた。

(資料写真)安倍晋三首相

 松本文明前内閣府副大臣は、衆院本会議で共産党の志位和夫委員長が米軍普天間飛行場の不時着を巡る代表質問をしているときに「それで何人死んだんだ」と不規則発言をした。予算委員会で、立憲民主党の川内博史氏は「志位委員長に対してはやじかもしれないが、県民あるいは県に対しては大変な暴言、冒瀆(ぼうとく)ではないか」と首相の任命責任をただした。

 安倍首相は「政治家はその発言に責任をもち、有権者から信頼を得られるよう自ら襟を正すべきである。任命責任は当然、首相たる私にある」とし、発言の最後にも「改めておわび申し上げたい」と重ねて陳謝。

 国場幸之助氏(自民)も「不適切な発言は大変遺憾。県民の心は深く傷つけられた」と指摘。安倍首相は「沖縄の気持ちに寄り添いながら、基地負担の軽減に全力を尽くす、これが政府としての一貫した方針」と答えた。

 菅義偉官房長官も会見で「あってはならない発言だ」とし、後任に田中良生衆院議員を充てる人事を閣議決定したと報告した。