【宜野湾】米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリから窓が落下した宜野湾市の普天間第二小学校の運動場に、落下物から身を守るための屋根やシェルターなど避難用工作物を設置することが、29日までに決まった。沖縄防衛局、学校、市教育委員会、同小PTAは26日に設置場所や形状などを協議した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。