沖縄県内のいじめの認知件数は国公私立小中高、特別支援学校の合計が1029件で、前年度比469件増加した。内訳は、小学校356件、中学校579件、高校88件、特別支援学校6件だった。 県教育庁によると「前年度に比べ、軽微なものも積極的にいじめと把握したため件数が増えた」という。