【名護市長選取材班】名護市辺野古への米軍基地建設を争点とする6度目の名護市長選が熱気を帯びている。両陣営とも公式、非公式を含め十数枚のビラが配布され、政策や財源の裏付け、相手候補の批判など論争に拍車が掛かる。