名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しの効力は15日間で一時停止することになった。沖縄防衛局は海上での作業を再開する。政府は同時に代執行の手続きに入った。取り消しを正式に無効とするため、違法性をめぐる判断を高等裁判所に求める。