旭橋都市再開発(那覇市、福治嗣夫社長)は27日、那覇バスターミナル跡の工事作業中に見つかった軽便鉄道の那覇駅の一部とみられる遺構を報道陣に公開した。列車の方向転換などで使う転車台とみられ、同社や那覇市文化財課は発掘調査を進めた上で、今後の対応を協議する。

報道陣に公開された軽便鉄道那覇駅の一部とみられる遺構=27日、那覇市泉崎・那覇バスターミナル跡

 遺構は直径約8メートルの円形で、石灰岩でできた土台の上にれんがが積まれている。中心にはレールを回転させる際の軸として使用した装置の一部とみられる石灰岩も残っていた。同課によると、当時は那覇駅を起点に、与那原、嘉手納、糸満の3路線が運行しており、転車台が設置されていたのは同駅のみ。本物と断定されれば市内では初の軽便鉄道跡の遺構発見となる。