県議会の米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は29日、渡名喜村での米軍普天間飛行場所属AH1Z攻撃ヘリコプターの不時着事故を受け、県内で相次ぐ不時着事故と昨年12月に窓が落下した普天間第二小学校上空の米軍機飛行に対する抗議決議と意見書の両案を本会議に提案することを全会一致で決定した。