【名護】名護市辺野古の新基地建設をめぐり、政府が、翁長雄志知事による埋め立て承認取り消しの効力停止と、知事に代わって取り消しを是正する代執行の手続きに入ったことを受け、28日早朝から、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で約150人の市民らが抗議の座り込みをした。

米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込む人たち=28日、名護市辺野古

 政府が行政不服審査法に基づき執行停止を決定したことに「公権力に対して不服を申し立てる制度。そもそも国が執行停止する資格はないはずだ」「これが一国の政府のやることか」と批判の声が相次いだ。

 同日午前までに、辺野古沖での作業は確認されていない。