沖縄県は28日午前、名護市辺野古の新基地建設で、本体工事着手前の事前協議を再開する通知を沖縄防衛局に提出した。防衛局は協議は終了したとの認識で、同日午前、県に工事着手届を提出。県は事前協議が継続していることを理由に、工事着手届を不受理とすることも検討している。

沖縄県庁

 県は環境監視等委員会の委員が、新基地関連工事の受注業者から寄付などを受けていた問題について、事実関係や委員の選任理由、当該委員からの指導・助言内容について11月4日までに県へ報告するよう求める文書もあわせて提出した。