認知症やその疑いがある人を、医者や保健師などの専門家がチーム一丸となって支える取り組みを浦添市が4月から始めている。患者本人と家族の悩みをとことん聴いた上で支援策を考え、最終的に地域活動や趣味を通じて生きがいを感じてもらうのがゴール。沖縄県内初の活動だという。