【東京】島尻安伊子沖縄担当相は28日、沖縄タイムスなど報道各社のインタビューに応じた。名護市辺野古の新基地建設をめぐって、国が知事に代わって埋め立て承認取り消しを是正する代執行の手続きに着手したことに、「詳細は所管の防衛省と国交省に聞いてほしい。沖縄担当大臣として、沖縄の振興と米軍基地の跡地利用をしっかり進める」と述べるにとどめた。代執行手続きが地方自治への不当な介入だとの指摘には、「当たらないと思う」と否定した。

報道各社のインタビューに答える島尻安伊子沖縄担当相=28日午前、内閣府

 米軍普天間飛行場の返還問題に対する姿勢について、島尻氏は「『普天間』の固定化が最悪のシナリオだ。日米合意に基づく政府の方針が危険性除去には一番早い」と繰り返し説明。辺野古への移設計画の推進を支持する立場だとした。

 新基地建設予定地に近い名護市辺野古、豊原、久志の「久辺3区」に直接、振興費を交付することには、「地元の要望の中で、沖縄振興全体をみる立場から対応できるものがあれば、対応したい」との考えを示した。その上で「基地問題と沖縄振興はリンクしない」との認識を強調。沖縄担当相と自民党沖縄県連会長を兼務する立場ながら、「(それぞれの立場で)分けて考えることは可能」とした。

 具体的な沖縄振興の進め方では、「東アジアの中心にある地理的優位性などを生かして、沖縄が日本のフロントランナーとして経済再生のけん引役となれるようにしたい。子どもの教育や貧困問題にもしっかり光を当てたい」と意欲を示した。