沖縄県は28日、2015年度の県功労者を発表した。県の発展に貢献し、功績顕著な人を毎年表彰する制度で、衆議院議員を7期務めるなど地方自治部門で尽力した仲村正治氏(84)ら10人を選出した。表彰式は11月3日午前11時から那覇市のパシフィックホテル沖縄で開かれる。

仲村正治氏

 教育部門は県私学教育振興会理事長や県教育長などを務めた池田光男氏(85)。文化・学術部門は書家で元県書道美術振興会理事長(現常任顧問)の茅原南龍氏(76)。

 伝統芸能・工芸部門は琉球舞踊家で元沖縄芸能連盟会長、元国指定重要無形文化財「琉球舞踊」保持者会会長の玉城節子氏(74)と、染織家で沖縄伝統本場首里の織物保存会会長、県立芸術大学名誉教授の祝嶺恭子氏(78)。

 社会福祉部門は元県医師会会長で医療法人晴明会会長の稲冨洋明氏(79)。産業振興部門は元県建築士会会長、元金秀建設社長の城間勇吉氏(88)。

 農林水産部門は元県信用農業協同組合連合会代表理事会長、元県農業協同組合中央会理事の知念政孝氏(80)。環境保全部門は元県自然環境保全審議会会長、元県環境影響評価審査会委員の香村眞☆(徳の心の上に一)氏(82)。

 社会貢献部門は元県左官業組合連合会会長、元日本左官業組合連合会参与の阿嘉宗徹氏(85)。