八重瀬町(比屋根方次町長)はこのほど、町内の景勝地や史跡など8カ所を町内外にアピールする観光ブランドプロジェクト「八重瀬八景プロジェクト」をスタートした。八景には富盛の石彫大獅子や八重瀬岳、具志頭のフクギ並木、港川漁港などが選定された。ポスター制作などで認知度の向上に努める。

八重瀬八景プロジェクトをPRする町企画財政課の仲座幸太郎主査(中央)ら=27日、沖縄県庁

八重瀬八景と所在地

八重瀬八景プロジェクトをPRする町企画財政課の仲座幸太郎主査(中央)ら=27日、沖縄県庁 八重瀬八景と所在地

 プロジェクトは2015年度「八重瀬町観光ブランド魅力創出業務」の一環。町内で観光プロモーション事業を手掛けるエスビージャパンと共同で八重瀬八景のロゴ制作や景勝地の選定などを行った。

 八景の中の3カ所の写真で制作したポスターを県内の観光協会や観光客が立ち寄る場所に貼り出し、31日から神奈川県で開催されるイベントや県内のイベントでも八重瀬町の魅力をPRする。

 27日、沖縄県庁で記者会見した企画財政課の仲座幸太郎主査は「八重瀬町の魅力発掘につなげたい」と語った。