【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する住民ら約100人は29日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で埋め立て本体工事着手、海上作業の再開に抗議している。

米軍キャンプ・シュワブゲート前で工事車両の進入を阻止しようと集まった市民を排除する警察官=29日午前7時、名護市辺野古

 午前7時ごろには、作業用の資材やショベルカーなどを積んだトラックを止めようと座り込む住民と県警の機動隊員が、ゲート前で揉み合いになった。7時半ごろには、市民1人が拘束され、名護署に連行された。