翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しの効力が停止した翌29日、沖縄防衛局は埋め立て工事に着手した。集中協議や取り消しをめぐるやりとりで漂った停滞感を払しょくし、新基地建設を急ぐ姿勢を示した。翁長知事は「強権的な態度をあらわにした」と憤慨した。