子どもたちの両手が盛んに動き、さまざまな言葉が伝えられる。流れるような手話での会話に笑い声が絶えない。聴覚障がいの幼児や児童・生徒が通う沖縄ろう学校の日常の風景だ。 同校には幼稚部から高等部まで49人が学ぶ。