IT(情報技術)を使って保育所の自治体への給付金申請などに必要な書類のやりとりをインターネット上のシステムを活用して省力化し、業務を効率化する政府の実証事業が、昨年末から浦添市や豊見城市などで始まっている。