沖縄県立博物館・美術館で美術館開館10周年を記念して、「彷徨(ほうこう)の海−旅する画家・南風原朝光と台湾、沖縄」「邂逅(かいこう)の海−交差するリアリズム」の二つの展覧会が同館で開かれている。「交流 海は島々をつなぐ、開かれた道である」をテーマに掲げた展覧会を巡った。2回に分けて紹介する。(学芸部・吉田伸)

南風原朝光「風景」(1930年)

近現代の37人179点が共演 県立美術館 2月4日まで

 昨年11月に始まった「彷徨の海」展は戦前の東京を拠点に、台湾と沖縄を行き来した真和志村出身(現那覇市)の画家、南風原朝光(1904〜61)を軸に台湾と沖縄の近現代の美術を俯瞰(ふかん)した展覧会だ。計37人179点(1点は作者不明)の作品を展示している。

最初に書家2人

 エレベーターで3階に上がり、階下に下りていくという同館では珍しい動線で企画された展覧会。会場に入って、最初に迎えるのは沖縄と台湾の2人の書家の作品だ。県庁の新旧の表札碑などが代表作で「沖縄の三筆」の1人といわれている謝花雲石の4幅の作品と、謝花が晩年、交流したという中国・台湾を代表する書家の于右任(うゆうにん)の軸装だ。ともに草書で揮毫(きごう)された書跡が並んでいるのが興味深い。

「謝花雲石書 草書」(右)と「于右任書」

 第1章は「日本のアカデミズムと台湾・沖縄−海に隔たれたリアリティ 従属する美術」と名付けられている。「従属」という語句が示すように、琉球処分で「沖縄県」になった沖縄と、日清戦争で日本統治下に入った台湾の美術家が東京で学び、その価値観の内在化を目指して傾注した時代の様子が感じられた。

 担当した主任学芸員の豊見山愛さんはカタログで「台湾も沖縄も、東京を中心とする日本画壇による、いわば『評価する側』の目線に応える立場という構図の中で、画題とメンタリティの関連性に迫ろうとしている」と企画意図の一端を説明している。

沖縄主題の洋画

 書の後に始まる展示は、幕末の開国以降取り入れられた「洋画」で画壇を牽引(けんいん)してきた、主に明治生まれの画家の作品だ。藤島武二や中澤弘光、藤田嗣治らの作品は、1930年代後半に沖縄を主題に書いた肖像画や風景画だ。

 「琉球の女」(36年)を描いた藤島は東京美術学校(現在の東京芸大)で教え、官立の「台湾美術展覧会」(台展)で最高権威者として審査員に招聘(しょうへい)された。「琉球舞踊」(36年)を描いた中澤は台展に次いで開催された「台湾総督府美術展覧会」(府展)の審査員を務めたという。

 ほか、台展や府展の審査員だった南薫造や和田三造は陸軍の命で中国や南方を巡ったと説明があった。「十五年戦争」に突入していった昭和初期。日本神話をモチーフにした油彩や戦争画など時局を反映した作品が並ぶ。

 その台展、府展に出品し、台湾人洋画家として活躍した陳澄波(ちんとうは)の油彩5点が沖縄初展示で注目作品だという。台湾の国民的画家で、戦後の「2・28事件」で銃殺された。戦前は24〜27年まで東京美術学校で学んだ。その後に描いた「東京府美術館」(28年)などが展示されている。

陳澄波「東京府美術館」(1928年)

南風原の作品群

 ようやく、展覧会メインの南風原朝光の作品群の展示室に入った。南風原も台展や府展に出品し、最高賞も受賞し、台湾でも名をはせたという。展示は朝光と親しかった歴史研究家の比嘉春潮の自宅玄関に飾られていたという「風景」(30年)で始まる。

 今回、県内外に散在していた個人蔵47点が、遺族らの協力で集まった。魚などの静物画や東京、長崎、那覇、十和田・奥入瀬(青森)と風景画が続く。館所蔵と合わせて53点が壁面にびっしり並ぶ。

南風原朝光「風景」(1930年)

 10周年でなぜ、南風原朝光を中心に据えたのか。豊見山さんは戦後、南風原が友人に宛てた書簡で、沖縄の復興に向けて現代美術館を作りたいと書いていた、と説明する。また美術館が設立されると決まり、最初に収集した作品が南風原の作品で「原点と感じた」と話した。開館前に掲げた計画でアジアの近現代美術も視野に入れていたことから、身近な台湾と沖縄の戦前戦後を美術で見通す企画を練ったという。

山之口貘の随想

 展示室は続いて、詩人山之口貘の直筆の随想や色紙がケースに入っていた。南風原と幼い頃から友人で、東京の「泡盛屋」に南風原と足しげく通い、酒を酌み交わしていたと綴(つづ)る貘の筆跡を目で追った。側には南風原の画家の友人名渡山愛順の作品も並ぶ。日本を通じて沖縄に入った油彩が広がりを持っていく時代が重層的に見える気がした。

山之口貘が1955年ごろ書いた「その夜も、山の手の」の直筆原稿(手前)と、南風原朝光の風景画(奥)=県立博物館・美術館

 第2章は台湾で生まれ育った画家の喜久村徳男や宏の作品とともに、県系2世米国人の内間安〓(あんせい)(注=〓はへんが「王」でつくりが「星」)の版画作品、南米移民を経験した阿波根昌鴻が撮影した伊江島の写真など、沖縄と外を行き来した作家の感性を踏まえながら、日本から切り離された戦後の沖縄で表現を模索した作品が並ぶ。

 同様に日本の植民地支配から解放された台湾の戦後の美術動向が分かる作品も紹介。内間安〓と米国で交流を深めた台湾美術院の廖修平(りょうしゅうへい)院長の版画や、水墨画の技法で現代の風景を描く江明賢(こうみんけん)の作品などが掛けられている。

「モルディブのビーチ」(2017年)=右=などを描いた江明賢の台湾現代水墨画

新たな交流示す

 2階と1階をつなぐホワイエに展開された第3章の展示室では、沖縄県立芸術大学が開学した以降、台湾との新たな交流で生まれた彫刻作品が鎮座する。

 豊見山さんは「日本の美術史の枠組みで、沖縄の美術を捉えるのではなく、アジアの中で比較して考え続けることが、沖縄の美術館の役割ではないか」と言う。

 会場入り口にあった謝花雲石は4世紀の書家、王羲之(おうぎし)の書法を朝鮮の宮廷書家に学んだという。アジアに学ぶという精神とつながっている気がした。同展は2月4日まで。

月3日(土)に記念シンポジウム

 2月3日は午後1時半から記念シンポジウムが開かれる。台湾芸術大の廖新田(しんでん)教授と豊見山愛氏の基調講演や開館から現在まで副館長を務めた翁長直樹、前田比呂也、池原盛浩の3氏が登壇したトークが開かれる。問い合わせは同館、電話098(941)8200。