名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で30日午前7時すぎ、新基地建設に関係する車両を止めようとする市民らと、県警機動隊がもみ合いになった。

新基地建設に反対し座り込む市民を運び出す県警機動隊=30日午前7時15分、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 車両を止めようとした30代の男性が、機動隊に押さえ込まれたとして、救急車で搬送された。関係者によると、男性は意識があり、これから医師の診断を受けるという。一方、県警は「男性を押し倒した事実は確認されていない」としている。

 機動隊が座り込む市民らを排除した後、重機を積んだトレーラーなどが次々に基地の中に入った。