【グアムで大野亨恭】菅義偉官房長官は30日、訪問先のグアムでトゥーラン米太平洋海兵隊司令官と会談し「在沖海兵隊のグアム移転は沖縄の基地負担軽減に直結する極めて大事な事業だ」と述べ、グアム移転の着実な実施を求めた。

菅義偉官房長官

 トゥーラン氏は「視察により、驚きと喜びを感じてもらえるだろう。思った以上に事業が進んでいると実感している」と計画は順調に進んでいるとの考えを示した。菅氏は「沖縄の負担軽減に向け、互いが協力できることを期待したい」と歓迎した。

 菅氏はその後、在沖海兵隊の移転先の一つであるアンダーセン空軍基地などを訪問。移転後に海兵隊の航空機が使用する駐機場の整備の様子などを視察した。