みたのクリエイトや回グループなど県内で飲食店を展開する16社は11月15日、宜野湾市立体育館で「第1回沖縄飲食合同運動会」を開く。県内115店舗から従業員や家族ら1千人が参加予定。職場対抗の綱引きや腕相撲などで、会社の枠を超えて飲食業界の親睦を図る。1千人で同時におにぎり1千個を作るギネス記録にも挑戦する。

 競合する飲食店同士が合同で運動会を開催するのは県内で初めて。全国的にも珍しいという。

 発案した、みたのクリエイトの田野治樹代表=写真中央=は「ライバル同士が真剣に競い合うことで、深い信頼関係が生まれる」と強調。従業員同士の横の連携を深め、「業界全体を盛り上げたい」と話した。

 協賛する企業20社から、1千着のユニホームやおにぎりのお米などの提供があった。運営を手掛けるエドワードペンシルの上野秀織企画本部長=右端=は「息の長いイベントにしたい」と述べ、協賛企業を募集している。

 問い合わせは同社、電話098(988)3158。