南島地域について学ぶ沖縄国際大学南島文化研究所の第203回シマ研究会が29日、同大であった。「教えることは学ぶこと−現場から沖縄戦を考える」と題して、同大総合文化学部の吉浜忍教授=写真=が講演。生徒や地域と一緒に取り組んだ平和教育の成果や、戦跡研究の意義などを語った。