【東京】島尻安伊子沖縄担当相は30日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設で、政府が辺野古沿岸部の埋め立て本体工事に着手したことについて「本件は所管の防衛省と国交省が法令の規定にのっとって所要の手続きを進めているものと認識している」と述べるにとどめた。

 本体工事の着手に対し、翁長雄志知事が「強権極まれりだ」などと強い反発を示したことには「普天間飛行場の移設に関しては、県民においてさまざまな意見があると認識している」とし、自らは「沖縄振興担当相として沖縄のさらなる振興と米軍の跡地利用の課題に取り組みたい」と述べた。