那覇市内の中学校で2011年10月、校長のパワーハラスメントでうつ病を発症して退職を余儀なくされたとして、当時教頭だった60代女性が同市に対し慰謝料や逸失利益など計約4752万円の賠償を求めた訴訟の判決が30日、那覇地裁であった。