2016年11月、東村高江の県道で、警察官に車両の通行を違法に2時間以上制止されたなどとして、男性弁護士が県に慰謝料50万円の支払いを求めた国家賠償訴訟で、原告側は30日、30万円の支払いを命じた一審那覇地裁の判決に対し控訴しない方針を決めた。