昨季は県出身選手の飛躍のシーズンとなった。 ソフトバンクの東浜巨投手(沖尚高−亜大出)は開幕からローテーションを守って16勝(5敗)を挙げ、西武の菊池雄星投手と共にパ・リーグの最多勝に輝いた。