【東京】中谷元・防衛相は30日の閣議後会見で、佐賀空港へ陸上自衛隊のオスプレイを配備する計画に地元漁業者から懸念の声が上がっていることを問われ、「なし崩し的に配備を進める考えは全くない」と述べ、理解を得られるまで地元へ丁寧に説明を続ける考えを明らかにした。

中谷元・防衛相

 中谷氏は、29日に佐賀県を訪れ、山口祥義知事や関係者に在沖米海兵隊のオスプレイ訓練移転計画を取り下げ、陸自のオスプレイ配備計画への理解を求めた。

 中谷氏は29日の地元への説明に関し、「防衛省としては地元から受け入れ同意を得られたとは考えていない」と説明。その上で、「理解が得られるよう努力したい」と語り、今後も地元関係者と協議を進めていく考えを示した。

 政府は、沖縄では反対の声が強い名護市辺野古の新基地建設を強行する一方、佐賀空港への海兵隊のオスプレイ訓練計画は地元の反発が根強いとして白紙にした。

 沖縄と佐賀で「市民の反発」への対応が異なる政府の姿勢に、県内からは「二重基準だ」との批判が高まっている。