【東京】名護市辺野古の新基地建設で、政府が29日午前に埋め立て本体工事に着手したことを受け、在京の全国紙などは同日夕刊と翌30日朝刊で大きく扱った=写真。29日夕刊は朝日、毎日、読売、東京新聞の4紙が1面トップで、日本経済新聞も1面に掲載した。30日朝刊も産経新聞を含む全6紙が1面などで扱った。

 朝日は夕刊1面で「辺野古 埋め立て着工」「反対派抗議 逮捕者も」と写真入りで掲載。社会面では市民と警察官がもみ合う騒然とした現場の雰囲気を大きく載せた。朝刊では社説で「埋めたて強行は許されぬ」とした。

 毎日は29日夕刊で「沖縄と対立 政府強行」、社会面では「沖縄の怒り頂点」と掲載。朝刊では社会面で知事「沖縄見下している」との見出しで、政府批判をする翁長雄志知事の発言を載せた。

 東京も夕刊1面で「強権極まれり」との翁長知事の発言を大きく見出しに取り、朝刊社説では「民主主義に背く行為」と政府を批判した。

 読売は夕刊1面で法的手続きの流れの図解を併せて掲載。朝刊では「知事が是正拒否 国は提訴へ」と法廷闘争に持ち込まれることを強調した。