沖縄県内の私立大のトップを切って、宜野湾市の沖縄国際大学で1日、一般入試(前期)が始まった。今週から来週にかけて、各大学は本格的な受験シーズンを迎える。沖国大には4学部11学科・専攻に718人が志願し、倍率は4・15倍。

会場で試験開始を待つ受験生=1日、宜野湾市・沖縄国際大学

 この日の朝は肌寒く、受験生は厚手の服を着込んで試験に備えた。風邪やインフルエンザ対策として、マスクをしている人も目立った。

 試験の開始時刻が近づくと、会場は張り詰めた雰囲気に。受験生はぎりぎりまで参考書をめくったり、友人らと健闘を誓い合ったりしていた。