戦後間もない頃から県民に親しまれ、県民1人当たりの消費量が全国2倍のコカ・コーラ。終戦後の米軍管理下から米国民間人の経営などを経て、1968年に創立された沖縄コカ・コーラボトリング(浦添市)が22日、創立50周年を迎える。同社の高橋俊夫会長と城英俊社長は「老若男女に愛され、飲む人に幸せを届けてきた。