民主党本部の沖縄研究会の会長を務める細野豪志政策調査会長は31日、米軍普天間飛行場返還問題をめぐる名護市辺野古の新基地建設について「研究会として辺野古が正しいかを検証したい」と述べ、党の沖縄政策を議論する機関として辺野古を再検証する考えを示した。視察で訪れた那覇市の首里城で報道陣に話した。

細野豪志氏

 細野氏は30日に辺野古に反対する島ぐるみ会議のメンバーと懇談したことを明らかにし「(民主党政権で県外を主張し)辺野古の日米同盟に戻ったためこれまで慎重な姿勢だったが、民意がこれだけ示されている現実と向き合わなければいけない」と述べた。辺野古の検証と同時に、在沖海兵隊の抑止力についても再度研究するという。