20日、那覇市松尾で不発弾処理があり、国際通りが立ち入り禁止になった。不発弾処理を初めて目の当たりにする県内の高校生、平和学習を終えた修学旅行生、報道陣も含めた人だかりを映画の撮影と勘違いする外国観光客もいた。県内に埋まる全ての不発弾の処理完了までには約70年かかるといわれる。