魔女や漫画のキャラクターの衣装を身にまとった子どもたちが、商店街を歩き回ってお菓子を受け取るハロウィーンのイベントが31日、那覇市牧志の平和通り商店街であった=写真。

 地元の商店街に親しんでもらおうと、市平和通り商店街振興組合が主催し、ことしで20回目を迎えた。母親と参加した神原小学校3年の古川真央さん(8)は、猫耳のカチューシャを頭に着け、白いワンピースでドレスアップ。「いつもと違う町みたいで楽しい」とお菓子を手に満面の笑みを浮かべた。