琉球古典音楽野村流保存会中部北支部(池原憲彦支部長)の第1回定期公演が1月28日、うるま市生涯学習・文化振興センターゆらてくであった。会員約250人が、華やかな斉唱や独唱を披露した。 師範による「なからた節」の斉唱で幕開け。女性会員、男性会員別の演目や、打組踊などが上演された。